神代文字なぞり書き

<< 前のページに戻る 



「神代文字」とは、日本古来の神代から伝わる、カナカナでも漢字でもない文字で、 絵のようにも、落書きのようにも見えます。
この「神代文字」は、字そのものに強い「氣」が宿っていて、 見たり、書いたりするだけで運気アップする、浄化できると言われています。
そのエネルギーの強い「神代文字」のうち、本書では丸山先生が治療にも使っている 「カタカムナ」「龍体文字」「ヲシテ文字」の3つを取りあげています。
なぞるだけでパワーがもらえるので、むずかしいこといっさいなしで なぞり書きをするページと、簡単な解説で構成。
医師ならではの、心身の不調をよくする文字、運気をアップ文字、開運する文字など、 心と身体に効く文字を中心に紹介します。

商品説明
著者 丸山修寛
出版社 永岡書店
発売日 2019年11月10日
ページ 96ページ(B5変)
BOOK 神代文字なぞり書き(永岡書店